位牌とは?

お位牌とは、故人の戒名や法名を記した木牌で魂が宿ったものを言います。
葬儀のときに使用される白木の野位牌、四十九日の忌明けの後に使用される本位牌(塗位牌)などがあります。
夫婦で1つ、もしくは繰り出し位牌のように1つのお位牌に10名ほど入るものもありますが、基本的には1故人に対して1本作られる事が多いです。

色々なお位牌

現在、お仏壇同様にお位牌にも色々なものがございます。

以下は代表的な形のごく一例です。

お位牌完成までの流れ

ご注文時にお持ちいただくもの


49日までの間お祀りいただいている白木位牌。 戒名には特殊な漢字が使われる事もあります。
大切なお位牌ですのでまちがいがないように,出来る限りお持ちいただく事をいけじりではお願いしております。

以前に作られたご先祖様のお位牌とデザインを揃えたい場合は、お写真をお撮りの上、ご来店下さい。
もちろんお位牌をご持参いただいても構いません。
ご先祖様のお位牌と同じサイズか、 ひとまわり小さなサイズで作られるのが一般的になります。

お位牌の文字彫りの記入方法


まずは白木のお位牌をご持参の上、ご来店下さい。
大切なお位牌ですので、風呂敷やタオルなどの柔らかい布で包んで頂けると安心です。
当店スタッフが確認しながら本位牌(塗位牌)の注文手配をさせていただきます。
              ↓↓↓

約2週間ほどでお位牌が完成しますので、お電話にご連絡させていただきます。

              ↓↓↓

ご来店いただきお位牌を確認後、お渡しの流れとなります。

※49日、法要に間に合わせる事が出来るように、お早目のご準備をおすすめしております。

                お問い合わせフォーム