ふたつの音のハーモニー

■おりんとは
「りーんりーん」と澄んだ音色と、ゆっくりと響く共鳴音。
心まで穏やかに鎮めてくれる【おりん】ですが、仏具としての役割は梵音具(ぼんのんぐ)のひとつとしてお経の開始を知らせたり拍子をとるためのものでした。

おりんの音色は邪気を祓うと伝えられており、穏やかな気持ちにさせてくれます。

例えば、
「行ってきます」「ただいま」など語りかける合図として、
沈みがちな心を奮い立たせるきっかけとして、
大切な方への想いを込めて、

おりんの優しい音色が、祈りの気持ちを大切な人に届けてくれる事でしょう。

てのりん

シルバーはすこし高い音、クロは少し低い音。
軽く振ると、音のハーモニーが楽しめます。

「てのりん(黒)」
大きくゆったりとしたリラックスできるやさしい響き。
繰り返し聴くうちに、すっかり心が落ち着いていることでしょう。

「てのりん(シルバー)」
軽やかな澄んだ音色が奏でる華やかな響き。
繰り返し聴くうちに、気持ちを前向きにしてくれることでしょう。

本体 サイズ: Φ50 ×高さ50mm
おりん:銅合金
振り子:ヘマタイト(天然石)
カラー/音:シルバー/高音(パラジウム仕上げ)
黒/低音(漆仕上げ

価格:シルバー・黒 各6,000円

関連記事

  1. くるくる、ゆらゆら

  2. かわいいことりのさえずり

  3. みずみずしい音のひびき

  4. 空を見上げて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。