遺骨を家に置いていてもいいの?

ずっとそばに置いていたお遺骨を、すべてお墓に入れてしまうのが寂しい…とご相談のお客様がいらっしゃいました。
ずっと一緒に暮らしてきた大切なご家族のお遺骨です。離れがたく思う事は当然の事と思います。

一般的には四十九日や一周忌などの区切りの良い時に納骨や散骨する事が多いようです。
ですが、納骨の期日など法律などで決まっている事はありません。
ご遺族のお気持ちが一番大事です。悔いのないよう納得できるまでご自宅に置いていた頂だくことは宗教的にも問題ありません。
ただ、人によってはお骨に対し、恐怖心を抱く方もいらっしゃいます。
一見して骨壷とは分らないアクセサリータイプや、持ち運びしやすいコンパクトサイズのものなどございます。
骨壷をそのまま収納できる骨壷ケース型のお仏壇などもありますので、故人様のお洋服を選ぶようにご家族でお選び頂けたらと思います。

分骨用骨壷はこちら

遺骨アクセサリーはこちら

その他、ご不明な点やお困りごとなどメール・お電話でお伺いしております。
お気軽にお問い合わせ下さい。